スポンサーリンク

魅力的文章の作成方法9選!これで何度も見たくなる中毒性ある文章に

ビジネス
office-1209640_1920.jpg
スポンサーリンク

今回は魅力ある文章作りについて悩んだことはありませんか?「読者はどんな内容だと何回も見るんだろう」「中毒性のある文章はどうやって作るんだろう」と悩んでいる方にオススメの記事です。

ズバリあなたの悩みは簡単に解決できます!

この記事を最後まで読んだら、やってはいけなかった事や、今後「このようにすれば魅力的な文章になるんだ!」と思う文章をあなたは作れます。ぜひ参考にしてください。

出典URL:office-1209640_1920.jpg

スポンサーリンク

魅力的な文章に必要なある法則

https://pixabay.com/ja/photos/文字-封筒-ポスト-書きます-2742296/

1つ目に紹介するのは「魅力的な文章に必要なある法則」です。それは最初のタイトル、リード文です。あなたは、今回の記事を参考にしたいと思い閲覧しているのではないでしょうか?

それは最初の題名や、リード文によって「自分の問題を解決できるかも。」そう強く思ったからなんです。だとしたら大事なのは「タイトル」、「リード文」かOK。OK。と思われた方、ちょっとお待ちください!

書き方などわからず、本当にそれだけで解決できるでしょうか?今の時点では「タイトルとリード文」が重要だという基本的法則しかお話ししてないのでもう少しお付き合いください。

リード文:読者がタイトル、アイキャッチ画像の次に初めて目にする文章のことです。

魅力的な文章の秘密

https://pixabay.com/ja/photos/書き込み-人-書類-紙-828911/

2つ目に紹介するのは「魅力的な文章の秘密」です。ここからが本題です。あなたがテレビ番組を見ているとします。

夢中になって心の中で「次どうなるの?」って焦らしといて「CM」が入るなんて事ありませんでしたか?これはあなたが心理的に魅了されている証なのです。

なので魅力的な文章を書くには読者や視聴者の「気持ちを奪う法則」が大事です。「次どうなるかな?」と気にさせて「やっぱりそうだったか」という風にさせるのでも良いでしょう。

この気持ちを奪う法則は「緊張」と「緩和」の法則なので、参考に文章を書いてみてください。

魅力的な文章はここが違った

https://pixabay.com/ja/photos/文字-封筒-ポスト-書きます-2742296/

3つ目に紹介するのは「魅力的な文章はここが違った」です。これにも実は法則があり、魅力的な文章はズバリターゲットをかなり絞っています

私が書いている記事を見て頂ければ分かると思うのですが、ターゲットは「読者を魅了させる文章を作りたい人」「魅力的な文章とはどんな文章なのか知りたい人」です。

ターゲットを絞ると、その記事について知りたい人しか見ないので興味を引く事ができます。

魅力ある文章で絶対に忘れてはいけない大事な事

4つ目に紹介するのは「魅力ある文章で絶対に忘れてはいけない大事な事」です。今までご紹介してきた文章も大事なのですが、何より大事なのは、あなたがここまで読んでくれている事ですよ!

今のあなたは読者で、「この記事が解決してくれそうだなと思っていることです。」それをあなたがブログで読者に伝えるのです。

次に、次に、と気になる文章を制作していくことこそが、1番読者を魅了する武器になります。ターゲットを絞ったら「もう少しだけ見てください。」「この先ではこのような説明をしますよ!」と誘導しましょう。

今の段階であなたが魅力的だと感じている事

85f86da27146b8589526c97dc473a342.jpg

5つ目に紹介するのは「今の段階であなたが魅力的だと感じている事」です。きっとほとんどの情報を得たから満足しているのではないでしょうか?

それか未だに、「自分のブログでどう活かせば良いかわからない。」のではないでしょうか?

実はそのヒントは目次にあります。全てのタイトルに、魅力的という言葉が含まれているのではないでしょうか?

私は最初の目次の段階で「魅力的」に困っている人に向けて書いています。この言葉の統一をすることにより、知らないうちに見たくなる記事になっていくのです。ぜひ自分のブログで実践してみてください。

魅力的文章で絶対やってはいけない事(1)

Davidqr / Pixabay

6つ目に紹介するのは「魅力的文章で絶対やってはいけない事(1)」です。これだけは本当にやめてください!

万人受けするリード文」です。3つ目にもご紹介しましたが、ターゲットをせっかく決めても、リード文で幅広くなってしまってはいけません。

足痩せしたい人必見!という言葉をタイトルに入れるなら、「足痩せせずに悩んでいませんか?」や「足痩せダイエットしたい人向け!」などです。

情報を必要としている人に、的確に情報を届けましょう!

魅力的文章で絶対やってはいけない事(2)

https://pixabay.com/ja/illustrations/ncorrect-answer-4041502/

7つ目に紹介するのは「魅力的文章で絶対やってはいけない事(2)」それはリード文の段階で「焦らしすぎる」事です。

焦らしすぎるとこの記事は悩みを解決できなさそうと思われます。悩みや不安を解消し、読者が情報を得る事ができれば理想的な文章です。

なので焦らさずに、「何を解決できるのかをはっきりさせましょう」そうすることによって本文を読み進めるとメリットがあると伝える事ができます。参考にしてください。

魅力的文章で絶対やってはいけない事(3)

 

social-1206614_1920-1.png

8つ目に紹介するのは「魅力的文章で絶対やってはいけない事(3)」本文内容が薄いことは絶対的NGです。例文をご紹介するので比べてみてください。

例文(1):この記事ではリード文についてご紹介します。

例文(2):この記事では、記事にリード文を入れなければいけない理由や、リード文の具体的な書き方についてご紹介します。

例文(2)の方が第1印象で「具体的で詳しい内容が書いてありそう」と思いますよね?なので本文や文章においての書き方は重要なので、ブログを書く前にノートで記事構成してから書くのもオススメですよ。

魅力的な文章を書くには最大のヒントがある

https://pixabay.com/ja/illustrations/学習-ヒント-学校-件名-3245793/

9つ目に紹介するのは「魅力的な文章を書くには最大のヒントがある」ということです。もう惜しみなく伝えます!

簡単にリード文を書くには、過去の自分に向けて記事を書いてください。過去の自分が悩んでいた事の悩みと、その結果どうなったのかを話し、気になる文章を作りましょう!

ここで忘れてはいけないのが読者にどれだけ寄り添う事ができるかです。辛いことや苦しいことを共感されると悩みに向き合ってくれてると心を開きますこれが最大のヒントであり、答えです!

まとめ

今回は魅力的な文章についてお話ししました。簡単にまとめますと、自分が経験した事の結果を話し(気になる法則)にさせ、辛く苦しい事に共感し、具体的で詳しい文章を書きましょう。

どこを解決すれば何の問題が解決するのか、誰に向けての記事なのかを明確にし、解決策があることを提示しましょう!

あなたのブログ執筆の参考に少しでもなれば嬉しいです。最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント