スポンサーリンク

自律神経が悪いと不眠に繋がる!原因と対処法を5つご紹介します。

健康
Claudio_Scott / Pixabay
スポンサーリンク

最近眠れないなと悩んでいませんか?実は自律神経が整っていないと、睡眠の質が悪いと言うことがわかっているのです。

今回はその不眠の原因と対策を5つご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。また心当たりのある方は早めに病院に行くことをオススメします!

出典URL:<a href=”https://pixabay.com/users/Claudio_Scott/”>Claudio_Scott</a> / Pixabay

スポンサーリンク

自律神経が悪いとどんな症状が起きるのか

voltamax / Pixabay

1つ目は「自律神経が悪いとどんな症状が起きるか」です。たくさんありますが私が経験したことを主に書いていきます。今から紹介する症状は、病院の先生に「自律神経が乱れたからだよ」と言われたことです。

もし心当たりがある方は、症状が悪化する前に病院に行くことをオススメします。私は放置していたらかなりひどくなりました。

  • 倦怠感
  • 動悸(心臓がドキドキすること)
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • めまい
  • 激しい吐き気
  • 手足の麻痺感
  • 胃もたれ・みぞおちの鈍痛
  • 喉にピンポン球がある感覚
  • 下痢・便秘
  • 頻繁にガスが出るようになる
  • 寝ても苦しく起きても苦しい

私は、ご紹介した症状を全て体験しました。そして今となっては、薬無しではかなり辛い状態です。なのでこのような症状に身に覚えがあったらすぐに胃腸科内科・精神科に行くことをオススメします。

私の場合は結構手遅れな状態で、何に対しても自律神経が敏感になってしまう生活になりました。少しでも不安を感じたり、緊張してしまえば症状が現れてしまいます。

この症状は本当に危険なサインだと言うことをしっかりと覚えておいてくださいね。

自律神経が不眠に繋がる理由

StockSnap / Pixabay

2つ目は「自律神経が不眠に繋がる理由」です。そもそも自律神経が乱れる原因はストレスなんです。精神的不安や緊張状態。そしてあまりにも考え過ぎてしまう人に見られる症状なんです。

なので単純に眠れない理由は考え過ぎていたり、不安なことや心配なことが多いことがあげられます

なので現代人の多くはストレスを減らそうと、寝る前に動画を見て楽しみ悪循環に陥ってしまいます。SNSもその1つです。

SNSは中毒性があり、気になって眠れない状況にさせてしまいます。そこでフォロワーが増えていなかったり、見てもらえなかったりすることで承認欲求が満たされずイライラして自律神経が乱れます。

今お話ししたように、私たちの生活の中には自律神経を乱すことがたくさんあります。言ってしまえば「朝起きて会社か〜。行くか〜。」と思っている時点で危険信号なんです。

なのでストレスを発散しなければいけないのです。4つ目で詳しくお話しするので最後まで見てくださいね!

自律神経以外で不眠に繋がる原因

diegobarruffa / Pixabay

3つ目は「自立神経以外で不眠に繋がる原因」です。実は自律神経を整えるための「精神安定剤」が不眠の原因に繋がるんです。

「精神安定剤」を飲む生活をしていて急にやめてしまうと、苦しい症状が色々出始め不眠に繋がります。また普通に飲む生活をしていても眠れなくなる効果があるんです。

なので精神安定剤は自分を守ってくれているのですが、苦しめてもいるんです。

先ほどもお話ししましたが、夜にストレス発散としてスマホで動画などを見ることも不眠に繋がります。暗い場所で明るい光を集中して見ていると、脳が朝だと勘違いしてしまいます。

それで昼夜逆転する生活になると言う生活習慣になってしまいます。(今の私の場合は眠れず睡眠薬をもらいましたが、睡眠薬を飲むと胃がムカムカして逆に眠れない生活になりました)

自律神経を整える対処法

Davidqr / Pixabay

4つ目は「自立神経を整える対処法」です。これは実際に私がやって見て、症状が軽くなったと実感したことを紹介していきます。ストレス発散になることなので参考にしてくださいね。

  • ウォーキングをする
  • GABAを食べる(チョコレート)
  • 腸の健康を考えた生活をする
  • 食生活を変える
  • お風呂でのリラックス時間を長めにする

これが私がやって実際に効果があったことです。嘘でしょ!と思うかもしれませんが本当に効果が見られたのです!1つ1つ紹介していきますね。

1つ目はウォーキングをすると言うことです。1日30分間だけウォーキングをすると言う至ってシンプルなことです。

2つ目はGABA(チョコレート)を食べると言うことです。ストレス解消にいいと言うことで食べていたら、なんとなく良くなった気がする!と言うおまじない的な感じで症状が軽減されました。

私自身とてもびっくりしました!まさかチョコレートで良くなると思いませんでした。

3つ目は腸の健康を考えた生活をすると言うことです。皆さんはご存知でしょうか?腸は第2の脳と言われるほどストレスを感じやすい臓器なんです。

ストレスを外部から受け、脳が自律神経を乱し腸が悪くなると言う感じです。なのでストレスを受けるのは脳や心だけでなく、腸もダメージを受けるんですよ!

4つ目は食生活を変えるです。和食中心の食事にしたら少し軽減されました!しかし私の症状の場合は食べてはいけない物などがあったので、健康的な和食はこちらを参考にしてくださいね

5つ目はお風呂でのリラックス時間を長めにするです。お風呂に長く浸かることで血流がよくなり、気持ちよくベッドで眠ることができます。

血流が良くなって自律神経が改善されるだけでなく、腸を温めて休ませる効果も期待できますよ!湯船に浸かりながらお腹のマッサージをするのもオススメですよ。

不眠時に良い習慣

StockSnap / Pixabay

5つ目は「不眠時に良い習慣」です。少し触れましたが不眠時には、これからご紹介する以下のことを実践してください。

以下のことを行うことによって快適に寝ることができ、自律神経のバランスも良くなっていきますよ。参考にしてくださいね。

  • 1日の中で運動を取り入れる(時間がないと言う人はストレッチでもOK)
  • お風呂にゆっくり浸かる
  • 寝る1時間前にはスマホやパソコンテレビを見ない
  • ベッドに入って横になったら思いっきり足を伸ばして、楽にしてと言う軽い運動をする(血流が良くなる)
  • 布団がぐちゃぐちゃの状態で寝ない
  • 目を閉じて今日起きたことを考えるのではなく、明日の楽しみな事を考える

これで寝れます。特に最後のは重要で、1日に起きた過去のことを深く考えてもストレスになるだけです。怒られた事などを気にする真面目で頑張り屋さんなあなただからこそだと思います。

優しい人ほど、小さいことをクヨクヨ考えがちな傾向にあります。なので起きてしまった過去より、明日のワクワクすることや自分へのご褒美を考えながらベッドに入りましょう。

そうすると質の良い睡眠が取れて、習慣化できるとストレスに強いメンタルになりますよ!

まとめ

今回は自律神経が乱れると不眠に繋がると言うことをご紹介しました。私は現在ご紹介したような状況なので、誰か1人でも病気で悩んでいたら参考になればと思います。

今回ご紹介した自律神経は立派な心の病気です。日本人はもっとストレスを重要視するべきだと私は思います。

ご紹介したことに心当たりがあれば病院に行ってくださいね。行けば何かしら言われるとかじゃなく、自分の体にしっかり向き合いましょう。

あなたの体はあなた自身でしか守れないのです。あなたが病院に行くと言う行動をしないと苦しい思いをすることになるので、今回の記事を参考にぜひ1度私生活を見直してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント