スポンサーリンク

噛んでもいないのに口内炎ができるのはなぜ?原因と対処法を3つ紹介

健康
https://pixabay.com/ja/photos/唇-赤-女性-女の子-1690875/
スポンサーリンク

「噛んでもいないのに口内炎ができているのはなぜ?」「しかも痛みがある…。」と悩んでいませんか?今回は口内炎のできる原因と対処法を3つご紹介していきます。

今回ご紹介する方法は口内炎だけでなく、あなたの生活習慣や健康面でも良いことが期待できるので最後まで読み参考にしてくださいね。

トップ画像出典:https://pixabay.com/ja/photos/唇-赤-女性-女の子-1690875/

スポンサーリンク

噛んでいないのに口内炎ができる原因「アフタ性口内炎」

https://pixabay.com/ja/photos/男-ストレス-男性-顔-大人-742766/

1つ目に紹介する原因は「アフタ性口内炎」です。この口内炎ができる原因は以下のような原因が考えられています。

  • 免疫力の低下
  • ストレスが溜まっている
  • 栄養不足(食生活が偏っている、ビタミン不足など)
  • 口腔粘膜の損傷(噛んでしまうこと)

症状の特徴は円形か楕円形の形をしており、1年間に1〜4回ほど再発することが考えられています。症状が重い場合発熱したり、頸部リンパ節が腫れたり、全身の疲労感が襲ってきます

噛んでいないのに口内炎ができる原因「アレルギー性口内炎」

https://pixabay.com/ja/photos/唇-リップケア-口紅-3141753/

2つ目に紹介する原因は「アレルギー性口内炎」です。この口内炎ができる原因は以下の通りです。

  • アレルギー反応を起こしてしまう食品
  • 薬品によるアレルギー反応(リップクリームなども)
  • 金属アレルギー

症状の特徴頬の内側、唇、舌などに白く潰瘍ができ、赤く腫れ上がり痛みが伴うものです。食材や薬品(リップクリーム)などが関係しているのでパッチテストをすることをオススメします。

噛んでいないのに口内炎ができる原因「ウイルス性口内炎」

voltamax / Pixabay

3つ目に紹介する原因は「ウイルス性口内炎」です。この「ウイルス性口内炎」は様々な原因があげられます。

  • ヘルペス性口内炎(単純ヘルペスウイルス・水痘帯状ヘルペスウイルスなど)
  • カンジダ性口内炎(淋病・クラミジアなど)
  • コクサッキーウイルス (手足口病など)

症状の特徴は、免疫力が低下している時に、カビなどの菌が増殖し発熱や、強い痛みを伴います。また口内が赤くただれてしまい、時間が経つと白いコケ状の斑点が出てきます。

しかし1つ目に紹介した「アフタ性口内炎」とも症状が似ているので、病院でみてもらうことをオススメします。

またカンジタ菌というのは、女性の5人に1人は発症している感染症です。パートナーとの接触で気になる方はこちらを参考にみてくださいね。

「アフタ性口内炎」の対処法

https://pixabay.com/ja/illustrations/人-人間-喜び-サンセット-110305/

対処法の1つ目は「アフタ性口内炎に対しての対処法」です。まずはできることから始めていきましょう。あなたの食生活は正しい食生活でしょうか?

「正しい食生活って何?」とわからない方はこちらを参考にしてくださいね。栄養バランスを意識し、食生活を改善することで良くなることがあります。

また、ストレス発散につとめましょう!しかしストレスの発散法が、タバコを吸うことやお酒をたくさん飲むということではないので間違えないようにしましょう。

タバコを吸ったり、お酒を飲んだりするストレスの発散方法は逆効果なのでやめましょう。正しいストレスの発散方法はこちらを参考にしてくださいね。

「アレルギー性口内炎」の対処法

対処法の2つ目は「アレルギー性口内炎に対しての対処法」です。まずは自分のアレルギーを知ることから始めましょう。

あなたが金属アレルギー持ちなのに、歯に銀歯や部分入れ歯を使用すると、もちろんアレルギー反応が起こりますよね?それは食材や薬品も同じです。

このことから言えるのが、自分がどのアレルギーを持っているかを知るのが1番の治療法なので、病院で検査することをオススメしますよ!

「ウイルス性口内炎」の対処法

diegobarruffa / Pixabay

対処法の3つ目は「ウイルス性口内炎に対しての対処法」です。これは主にカビによって起こる口内炎で、治療法としては以下のような方法があります。

  • 口腔内の清掃
  • 抗真菌薬という薬品を含むうがい薬や、塗り薬を使用する
  • 抗真菌薬の薬を飲む

ということがあげられます。治療するにはどれも専門的な薬が必要で、自宅でできる簡単ケアというものを試すより、病院に行きましょう。

口内炎は、時にガンという大きな病気につながる危険性もあるのでしっかりと検査することをオススメします。

まとめ

今回は口内炎ができる原因と、対処法についてお話ししました。口内炎にも様々な種類があることがわかって頂けたかと思います。

日本人はあまり意識していないかもしれませんが、ストレスは1番病気に繋がりやすい精神病なのです。ストレスが原因で口内炎ができるお話しをしましたが深刻な問題だということを受け止めてくださいね。

また、対処法の3つ目にも話しましたが、口内炎は場合によってガンに繋がる立派な病気なのです。

今回の記事を参考に病院で検査し、健康的な生活を送って頂けると嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント