スポンサーリンク

令和時代に田舎から都会へ働きに行く人はバカ。その理由を9つご紹介

ビジネス
https://pixabay.com/ja/photos/女性-人-コーヒー-肖像画-3083379/
スポンサーリンク

田舎から都会へ出て、朝早くに出勤し、満員電車に揺られる生活。自分の時間を奪われ、みんなが進む道と同じ道を行く。それもいいかもしれません。

あなたは何のために働きに都会に出たのですか?夢ですか?給料が高いからですか?そんなことをしなくても、田舎で稼げる時代に変わったんです。

時代が変わると何が変わるかお分かりですか?働き方や環境が大きく変わるんですよ!今回は、田舎で頑張った方がコスパが良い理由と、田舎者が都会に行くデメリットについてお話しします。

この記事を最後まで読むと、あなたの未来、人生、行動が変わるきっかけになるので最後まで読んでくださいね。

トップ画像出典;https://pixabay.com/ja/photos/女性-人-コーヒー-肖像画-3083379/

スポンサーリンク

田舎から都会に行くまでのお金

https://pixabay.com/ja/photos/お金-コイン-投資-ビジネス-2724241/

1つ目は「田舎から都会に行くまでのお金」です。あなたが遠い田舎から都会に行くとしましょう。例えば、青森や秋田など、少子高齢化が進んでいる県から都会に行くとします。

そうなると東京に行くだけでも結構なお金がかかります。また都会に住むことによって、生活用品など必要なものを買わなければいけません。

そこまでしてあなたが都会に行く理由は何ですか?今あなたが都会に行かないと、どうしてもできないことですか?また、都会にいって満足いく生活ができると思いますか?

田舎でも個人の行動力次第で稼げる時代になっているので、時代の変化を感じているなら動きましょう。都会に行き、お金を消費する時代は終わりました。

都会に行った後に感じる生活の辛さ

https://pixabay.com/ja/photos/女性-髪の乾燥-女の子-人-586185/

2つ目は「都会に行った後に感じる生活の辛さ」です。都会にいけば、商品の値段の高さなどに驚くことでしょう。「地元のスーパーと違って高い!」がまず思うことでしょう。

正直言って節約で精一杯になり、楽しい生活は送れないでしょう。また都会に行けば、様々な人がいることに驚きます。

人との出会いで「この年齢で社長やっているのか〜。」や「〜で簡単に〜円毎月稼いでいるよ!」など、たくさんの意見を聞くことになるでしょう。

このように、生きて行くにはお金が必要になってくるので、自分がやりたいことより、努力の優先順位が変わり、莫大な借金を産むきっかけになるかもしれません。

今の時代でも、簡単に詐欺に引っかかってしまう人もいます。田舎から出て、お金が中々たまらない若者はターゲットにされています。

都会のデメリット

https://pixabay.com/ja/photos/女性-プロファイル-顔-肖像画-690118/

3つ目は「都会のデメリット」です。2つ目でも少しお話ししましたが、都会に行くと物価が高いことや、様々なお店の誘惑に流されてしまうでしょう。特に田舎から来ると、都会はすごく魅力的に見えます。

毎月の給料を、ストレス発散のようにお金を使い、衝動買いや、飲み会でお金を使うことでしょう。きっとあなたは都会で生活していて満たされません。

そして給料が地元よりも高いからとか、夢のために都会に来たというのは、ただお金の消費を勉強しに行ったという経験にしかなりません。様々な誘惑に負けず、お金を溜める為や夢のために都会で稼いでいけますか?

大体の人が都会から帰ってくる理由

https://pixabay.com/ja/photos/思考-流行に敏感な-木-帽子-767040/

4つ目は「大体の人が都会から帰ってくる理由」です。それは、地元の方が結局暮らしやすい事と、生活費などの計算をすると、地元で稼いでいた方がいいかなと大半の人が思うからなんですよ。

「普通に暮らしたいなぁ」「地元で働いている給料と対して変わらないな」とだんだん思ってくるからです。また、結婚などのことを考えたら、やはり地元の方がいいと思うことでしょう。

自分の親に子供の顔を見せやすいというのもありますし、地元だとどこに何があるから気楽に暮らせるでしょう。今もし、あなたが都会で働いているのであれば満足していますか?

都会に出ないで田舎で生活していると

https://pixabay.com/ja/illustrations/人-人間-喜び-サンセット-110305/

5つ目は「都会に出ないで田舎で生活していると」です。田舎で生活すると、大半は実家で暮らしながらになる事でしょう。1番お金が貯まりやすいです。

また、小さい頃から見慣れている街並みなら、どこにどんなお店があるのかを分かっているので、自分への買い物もそこまで多くならないでしょう。

寮が完備されている都会の会社は別の話になりますが、地元で1人暮らしをするにしても、都会よりは様々な物が安いことでしょう。

何気ないスーパーの買い物や、家賃の支払いetc…

田舎で暮らすことのメリット

https://pixabay.com/ja/photos/親指-大丈夫-良い-2056022/

6つ目は「田舎で暮らすことのメリット」です。先ほども触れましたが実家で暮らし、少しでも出費を押さえ働くことができます。

それだけではありません。自分の働き方によって、収入を増やすこともできます。実家で暮らし、出費を最低限レベルに抑えて副業することです。

1番お金が貯まる賢いやり方だと思います、都会に出て働き時間を消費するより、お金が溜まる方法なのでオススメですね。

実家で働いていてもマイナス

https://pixabay.com/ja/photos/女性-肖像画-女の子-顔-918896/

7つ目は「実家で働いていてもマイナス」です。これだけは忘れないでください。あなたは専門学校、大学に行きましたか?またそれ以前に、教育費を親が払っていたことを忘れないでください。

本来であれば早く稼ぎ、親に楽させてあげるのが理想なんです。そんな最高の親孝行をしてあげれている人は、日本の人口の約1%くらいのはずです。

自分は生まれた時から、常に借金があることを自覚しましょう。とにかくどんな道でもいいですが、親への恩返しをするように考え、お金のために毎日楽しく働きましょう。時は金なりですよ

未来を予測した転職を考えよう

https://pixabay.com/ja/photos/予想-楽観的な-海岸線-1209101/

8つ目は「未来を予測した転職を考えよう」です。ここからかなり重要なお話になります。これからは「AI」が発展する時代になります。今すぐなくなる職業とは言いませんが、ご紹介していきます。

ドライバー(タクシー・運送系の仕事が自動運転によりなくなる)
郵便配達や新聞配達(ドローンでの宅配)
レジ係のスタッフ(AIが商品を認識する)
警備員(AIが入店した人全てを管理)
営業職(欲しい商品の説明をAIがしてくれる)
など様々なことが「AI」などによって行われていきます。あなたが今働いている仕事に価値はありますか?あなたがやることに今後意味ある仕事ですか?
これから就職活動をする人たちは、よく考えて仕事を探しましょう。「どこでもいいや」は絶対にダメです。自分の仕事を決めることによって人生が大きく変わります。

時代に合わせた働き方を考えよう

https://pixabay.com/ja/photos/女性-女の子-身をかがめる-3377839/

9つ目は「時代に合わせた働き方を考えよう」です。8つ目に紹介したように、今後なくなる職業というのはたくさんあります。

昭和から平成になって、無くなってる職業もあります。時代が変化して行くように、私たちの働き方も変化していかなければい行けません。私が思うに、このような仕事の変化があったのではないかなと感じています。

昭和:男は働き、女は家事(亭主関白が何よりの証拠)
平成:男女共働き(バブル崩壊などもあり、経済的に苦しいから)
令和:男女共働き・副業(独立した方が有利・自分らしく生きるのが普通)

という風な捉え方を個人的にはしています。その証拠に、今の時代YouTubeを始める人、転売、ブログ、仮想通貨、資産運用などなどたくさんありますよね?

このようなことを今の時代に一切やらず、行動しない人は必ず貧乏になります。時代によって働き方が変わっているので、時代の変化に合わせて行動しましょう。

どうでしょうか?これでも都会に行って稼ぐことに意味はありますか?確かに様々なことを経験することはできますが、それは地元でもできることなのではないでしょうか?

まとめ

今回は、令和時代に田舎から都会に行く人はバカだ!という理由について9つご紹介しました。皆さんが都会に行く理由は様々ありますが、果たして成功できるのか少し考えましょう。

しかし、考えすぎて何も行動しないことは1番よくないことなので、行動しながら考えていきましょう。東京行って稼ぎに行く、なんて選ばなければいつでもできます。地元で働きながら考えるのもいいでしょう。

大事なのは人の目を気にせず、自分のやりたいことを頑張ることです。今回の記事を参考に、今後働くことに対しての考え方や見方が変わり、自分らしく楽しく働いていただけたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. 田舎は厳しい(運転できない人は都会に行こう) より:

    給料安い割には、車にお金がかかるから、意外と金は貯まらないと思います。
    人身事故起こしたり、交通違反取締りなどで、免停や免許取消しなったとき、
    田舎では、近所の人や知人に事情を説明して車で送ってもらうか、
    本数の少ない交通機関に頼るしかなくなります。
    都会では、交通機関が十分発達しているから、人身事故起こした人は、
    運転免許自主返納してもよい。(免停中・免許取消し除く)

    人身事故や重大な事故を起こす人は、運転ができない人と見なし、
    それで免許取消しになっても運転免許再取得しない方がよいし、
    運転適性がまったくなくて、交通機関もないような、過疎地に住めるわけがない。
    都会に出て、交通機関で生活できて、車の運転が必要ない仕事をするしかないです。
    例:東京都23区・大阪市、その他の都市(福岡市・熊本市・県庁所在地)