スポンサーリンク

カーテンは使い方次第で健康に悪影響!?原因と対処法を2つご紹介!

健康
Free-Photos / Pixabay
スポンサーリンク

毎朝カーテンを開けていますか?また、カーテンを開けない生活になっていませんか?じつは、カーテンを開けないということは、健康に悪影響なんですよ。

健康に悪影響な原因と、健康でいるための対処法を2つご紹介するので参考にしてくださいね。

トップ画像出典:<a href=”https://pixabay.com/users/Free-Photos/”>Free-Photos</a> / Pixabay

スポンサーリンク

カーテンを開けないと健康に悪い原因「体内時計が狂う」

https://pixabay.com/ja/photos/ファッション-ブロンド-肖像画-3147497/

1つ目の原因は「体内時計が狂う」です。カーテンを開けないと、真っ暗な部屋で電気をつけ、毎日過ごすという生活習慣になりますよね?

その生活を続けていると、太陽の光を浴びないので生活リズムが崩れやすくなります。また、精神面でも太陽の光を浴びないことで、「うつ病」にかかりやすいと言われています。

あなたは毎日の生活習慣の中で、カーテンを開けていますか?体を守るためになるべくカーテンを開けるようにしましょう。

カーテンを開けないと健康に悪い原因「寝づらくなる」

Claudio_Scott / Pixabay

2つ目の原因は「寝づらくなる」です。カーテンを開ける生活をしないと、毎日同じ明かりの環境で過ごすことになります。

また今の時代では、寝る前にスマホやパソコンを見ている人が多いので、光を浴びるリズムがバラバラになってしまい寝れなくなります。

強い光を浴びると脳が活発的になるので、寝る前には明かりを消し、起きるときには日光の光を浴びるようにしましょう!

カーテンを開けると得られる効果「太陽の光は健康的」

https://pixabay.com/ja/photos/きれいな女性-若いです-女性-1509956/

1つ目の得られる効果は「太陽の光は健康的」です。起きてすぐに、太陽の光を浴びることでメラトニンという成分が増えます。

このメラトニンが増えることによって、睡眠と覚醒のリズムが調整され、ぐっすりと眠ることができるんですよ!

ぜひ体を起こし、太陽の光を浴びる習慣を実践してみてください。「朝はだるくて、中々起きられないなぁ」という人にはオススメですよ!

カーテンを開けると得られる効果「精神状態が大きく変わる」

https://pixabay.com/ja/photos/人-男-欲求不満-頭痛の種-2568886/

2つ目の得られる効果は「精神状態が大きく変わる」です。太陽の光を浴びずに毎日過ごしていると、気分が落ちてしまいます。それはあなたがいる環境のせいです。

カーテンを開け日光を浴びると、気分がスッキリし前向きな気持ちになれます。なぜかというと脳が活動的になるからなんですよ。

そもそも心の病というのは、あなたが置かれている環境から起こってしまうのです。なのでカーテンを閉めて生活している人は開けて生活することによって、精神状態が大きく変わっていきます。

この記事を参考に、あなたの生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、カーテンの使い方次第で健康に悪影響が出る原因と、その対処法をご紹介しました。あなたの健康にも関わってくる生活習慣なので、今回の記事を参考にカーテンを開けるように心がけましょう。

太陽の光は、私たちの体や心を助けてくれる効果があるので、ぜひ実践してみてくださいね!

コメント